動脈管開存症(PDA) 猫の病気大百科 〜猫を病気から守るために〜

 

動脈管開存症(PDA) 人気ブログランキング『猫』へ

この動脈管開存症(PDA)という病気は、胎生期に重要な役割を果たしている動脈管が、本来ならば生後は閉鎖するのが、ずっと閉鎖しないままであるために表れる異常です。

【症状】
右心室から肺動脈に入ってきた血液と、大動脈から動脈管を経て肺動脈に入ってきた血液が肺の中で一緒になって、左心房に入り、左心室の昨日が低下してしまいます。

中等度以上の太い動脈管がある場合は、猫の発育が悪く、運動するのを嫌がったりします。本来なら猫(特に子猫)は活発に活動する動物です。
また、呼吸器感染、呼吸困難、心不全などが見られます。


【治療】
素人での治療はまず困難です。
獣医師に診てもらって、外科手術をすればある程度猫は延命ができるようです。

   
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103123404

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。