ツメダニ症 猫の病気大百科 〜猫を病気から守るために〜

 

ツメダニ症 人気ブログランキング『猫』へ

ツメダニ症の原因となるダニには3種類あります。

【原因】
ネコツメダニ、イヌツメダニ、ウサギツメダニの3種類のダニがツメダニ症の原因となるダニです。
これらのダニは頭側に大きなツメを持っているのが特徴的です。
さらにこれらのダニは全国で見られるので、どの地域の猫に対しても注意が必要な病気です。


【症状】
主に背中や鼻翼の背面に軽いかゆみのある皮膚炎が起こります。
フケが増え、そのフケにツメダニが混ざって見つかります。


【注意点】
このツメダニ症は人間にもよく感染する病気です。
痛痒い皮疹ができます。


【治療】
まず、フケを集めて顕微鏡で検査します。
ツメダニの卵が孵化する時のタイミングを狙って繰り返しシャンプーします。
その後、駆虫剤をかけます。
   
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101664803

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。